記事詳細

パチスロ

【高設定を掴む~実戦編~】

98 0

おっくんさん

ブロガーランキング:-位
さて、今回は【高設定を掴む~実戦編~】です!

前回のパチログ読んでから今回の読んでいただけるとスッと納得できるかと思いますので、是非前回のもよろしくです。

で、その前回のパチログでは
・「新台でもない旬を過ぎた機種がいまだに目立つ位置にある」
なら、狙い目だとぐちゃぐちゃ言うとりましたが、今回もそういうことです。

12/2と12/3の稼働報告を以下、見てください。



◇12/2
この日は【パチスロ獣王~王者の帰還~】(以下、獣王)の導入初日。
獣王を打つつもりでガオガオ言いながら開店直後スロットコーナーへと向かいます。

で、すぐ目に飛び込んできたのは【バイオハザード5】(以下、バイオ)
獣王大量導入にも関わらず、まだ撤去されずにしかも真っ先に目につく位置。

バイオよりも後に導入されたのになくなった機種もたくさんあるのに…なぜかバイオがそこに。

明らかに、バイオはまだ使いたいというホールの意向が伺えました。
加えて新台初日・年末への餌まき、これは高設定に期待!!


しかも、このバイオは前日620ハマリ♪
設定変更後は相当強い機種で、据え置きでもリセットでもなんでもこい!なので即確保しました。
(新台入れ替えで台が移動しても、設定変更しなければG数は引き継がれます。
前日パネル下部の製造番号メモっておけば、意外とライバルなしで入れ替え初日はいけますぜ♪)

で、10~18時まで腰据えて打ってみた結果、どうやら高設定っぽかったです。
(天国ループ確認、弱スイカ直撃あり)




一撃の出玉には恵まれなかったものの、辛い展開を下皿でずっと耐えることができたのもまた高設定ゆえだったと思います。 (途中、エンタライオンの群演出が出て、これって獣王のライオン繋がりで高設定入れた!?とか思いましたwどうなんでしょう) ◇12/3 昨日とは違うホールへ。こちらも獣王を大量導入したホール。 前日のバイオの1件があったから、入れ替え後にいろいろ変わったであろうスロットコーナーに行ったときに、 ・最初に目に飛び込んだ機種 ・「なんでまだ!?」的な違和感 とかを大事にしようと思って行きました。 そしたら、【北斗の拳~転生の章~】(以下、転生)がまだ40台近く1シマあった… ってか獣王より台数多い(笑) 転生は減台すらナシです。転生よりもあとに導入されて消えた機種もあったので、この日は転生1確。


早い段階でスイカ直撃してくれたんで、かなり楽しく打てました。 ってか、高設定域の通常時のストレスのなさがやっぱ別格です! 天破!天破!天破!って感じでした。 ◇結論 1つの立ち回りとして、新台入れ替え後に目立つ位置にある古めの機種は狙えそうです。 少なくとも「新台入れ替えのペースが早い…」とか嘆くことは今後自分はない! 入れ替えペースが早いからこそ、ホールの意向がはっきり見て取れた2日間だったので。 むしろ今後の入れ替えはチャンス! 最後に… 転生のメダルを流した際の、偉い感じの店員さんとの会話の一部始終を以下書きますので、そこから何か感じていただければと思います。 (結構通っているこのホールで店員さんに話しかけられたのは初めてだったので、なかなかそれも強い根拠にはなります) 店「あの北斗転生楽しかったですか?オススメだったんですよ~」 お「超絶楽しかったです。あれ設定はやっぱり良かったんすか?」 店「へへへぇ~!?…北斗はうちの看板なのでコケたらまじで困るんです」 お「まだ1ボックス残しましたもんね~。」 店「僕もそうですが、何より支配人が転生大好きなので!これからもオススメですよ」 お「じぇじぇっ」 という感じでした。 これ…僕をライターだと認識しての罠ですか??w いいカモだと認識しての罠ですか??ww これからもオススメらしいので、“打たず”にデータやら挙動やらはチェックしてみます! 意外と高設定は皆さんの近くにあるかもしれません。 打ち手がないない言うてるだけだと思えてきた12月始めなうです。 (C)武論尊・原哲夫/NSP 1983, (C)NSP 2007 版権許諾証YGL-126 (C)Sammy
このエントリーをはてなブックマークに追加
98

コメント

まだコメントがありません

【高設定を掴む~実戦編~】へのコメント本文(全角1000文字)

※ 投稿されたコメントがWEBに反映された際にメールにてご連絡致します。

同ジャンルの最新記事

もっと見る

パチスロ北斗の拳 転生の章の関連情報


設置店舗(全国)

運営スタッフ一覧