展示会速報

「パチスロ犬夜叉」展示会開催(ロデオ)

展示会速報 「パチスロ犬夜叉」展示会開催(ロデオ)
フィールズ株式会社は10月13日、東京・ベルサール渋谷ガーデンにてROAD TO ULTRAと題しロデオ社製新機種「パチスロ犬夜叉」OK!!社製新機種「ぱちんこ GANTZ」の展示会を開催した。こちらの記事では「パチスロ犬夜叉」の展示会の様子を紹介。

「犬夜叉」は1996年から2008年の12年間にわたり長期連載された高橋留美子先生による人気マンガコンテンツで、コミックだけではなくテレビアニメ・映画・舞台・ゲームなど多岐にわたるメディアミックスが展開される大人気作品。

展示会会場にはDJブースやダンスブースなどが設けられており、観客を魅了。また会場内には多くの試打用実機が用意され、業界関係者はその性能やゲーム性などを確かめていた。その他にもコンパニオンが薦めるSNS投稿キャンペーンなどが展開されていた。

本機の出玉獲得のメインはART「四魂DASH」で、主に「CZ」「ボーナス」が突入のルートとなっている。チャンスゾーン「挑戦の刻」へはレア役を契機に突入の可能性あり。またカギを握るのは「かけら揃い」でこちらが出現した場合はチャンスゾーンだけではなく、ボーナス当選にも期待が持てる。ボーナスはBIGとREGの2種類あり、BIG中は7図柄揃いでART!?REG中はベルハズレ目でCZ・セットストックを獲得する流れとなっている。

ART「四魂DASH」は1Gあたり約1.4枚獲得、最高ループ率80%、セットストック、1セット50Gが基本性能で犬夜叉・奈落のどちらが先着するかが鍵をにぎる「妖ノ道」とバトル勝利でセット継続となる「戦ノ刻」で展開する。

本機の導入は12月中旬を予定している。


(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2000&2009 (C)Sammy (C)RODEO
このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロ犬夜叉の関連項目はコチラ!!

機種情報

  • パチスロ犬夜叉
    パチスロ犬夜叉

    本機は、1996年から2008年の12年間にわたり長期連載され、2000年にはテレビアニメが放送され、さらに映画、舞台、ゲームと多様なメディアミックスされた大人気作品「犬夜叉」をモチーフとしたパチスロ機。 チャンスゾーン「挑戦ノ刻」やボーナスを契機にART「四魂DASH」を目指し、このARTをループさせて出玉を獲得していくゲーム性だ...

    機種情報トップ

展示会・ニュース