業界ニュース

みんなのパチンコフェス開催レポート。イベント参加人数7535人、ニコ生視聴者94606人

業界ニュース みんなのパチンコフェス開催レポート。イベント参加人数7535人、ニコ生視聴者94606人
パチンコメーカー35社で構成される日本遊技機工業組合は、2月23日(土)・24日(日)の2日間、「みんなのパチンコフェス」(会場:東京・ベルサール秋葉原)を開催致しました。
来るべきパチンコの新たな時代に向けて、「パチンコの楽しさ・パチンコの価値」をより多くの方に届けるために行われた本イベントはベルサール秋葉原の3フロアで行われ、2日間で総勢7,535名(関係者除く)ものファンがイベントに参加し、大盛況のうちに閉幕となった。

初日となる2月23日(土)は、1階ステージにおいてメディア関係者様向け「オープニングセレモニー」を実施。
日本遊技機工業組合理事長 筒井公久よりご挨拶を申し上げ、タレント、パチンコライター総勢約20名もの出演者が盛り上げる中、日本遊技機工業組合理事長 筒井 公久、全国遊技機商業協同組合連合会会長 林 和宏氏、一般社団法人日本遊技関連事業協会 庄司 孝輝氏、日本遊技機工業組合副理事長 榎本 善紀、広報特別委員会委員長 盧 昇 5名の登壇者によるテープカットが行われ、イベントが開幕した。オープニングセレモニー後は、1階の「ステージフロア」は事前予約した来場者と当日来場のファンで、連日、常に賑わい超満員のステージイベントが行われた。

2階の「連れパチフロア」では、「連れパチ」をテーマに友達や家族と一緒にパチンコ初心者の方が来場し、多くの方にパチンコの楽しさを伝える機会を創出することができた。

地下1階の「試打フロア」においては、出展メーカー各社の未発表機種や導入前の機種が試打できることもあり、多くのパチンコファンで連日長蛇の列で大盛況となっていた。
また、当日会場に来られないファンへは、リアルタイムで配信される映像を視聴しながら、コメントやアンケートを楽しむことのできる、ネットライブサービス「ニコニコ生放送」にて1Fステージコンテンツを中心に2日間配信を行い、合計94,606人のファンの方々が視聴。
2日間にわたり、イベント会場ならびに「ニコニコ生放送」において、大変多くのファンの方々に本イベントを楽しんでいただき、大盛況のうちに閉幕した。

◆来場者の声
・「20年ぶりに打ったけど、これがパチンコかって思うくらい変わっていてびっくりした。いろんなアニメの台があって、見ているだけで楽しめました。今度ホールに打ちに行ってみようと思います。」(40代・男性)
・「ライターさんに会いたくてきました。お金を払ってでも参加したいくらい楽しいイベントでした。またこのようなイベントを開催してください!」(30代・男性)
・「いろんなパチンコメーカーの台がたくさんで、まだ発表も導入もしていない台もたくさんあったので、1日ずっと打っていたかった。」(20代・男性)
・「旦那に連れられてきて初めてパチンコを打ったのですが、スタッフさんが親切に教えてくれて楽しめました。忘れないうちに今日このまま旦那と連れパチしたいと思います。」(50代・夫婦)

また、現在もTwitterにて「#連れパチ」キャンペーンを開催。
「連れパチ」をテーマに開催された「みんなのパチンコフェス」。会場内で「#連れパチ」をつけてTwitterに
写真を投稿するとグッズがもらえるキャンペーンを行ったところ、「#連れパチ」が2日連続でトレンドワード
入りするなど大好評でした。それを受け、「#連れパチ」Twitterキャンペーンを引き続き行います。
<キャンペーン概要>
【タイトル】
友達や恋人、家族と一緒にパチンコを楽しもう!!
「#連れパチ」Twitterキャンペーン
【期間】
2月25日(月)~3月31日(日)
【当選人数】
抽選で77名様
【内容】
「#連れパチ」をつけて、「連れパチ写真」を投稿しよう!
パチンコを打つ前、打っているとき、打ち終わった後でも、いつでもOK!
2人以上でパチンコ感ある写真を撮ってツイート!
抽選で77名様にパチンコメーカーオリジナルのグッズ詰め合わせをプレゼント!



このエントリーをはてなブックマークに追加

機種情報