業界ニュース

「三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2016」(SANYO)

業界ニュース 「三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2016」(SANYO)
株式会社三洋物産は、本大会で9回目を迎えたライフセービング競技の国内唯一の国際大会『三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2016』を7月2日(土)と3日(日)の2日間、宮崎県宮崎市の青島ビーチで開催した。

参加国は、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、イギリス、南アフリカ、イギリス、日本代表、さらにユース日本代表と8カ国、地域9チームで競技が行われた。

1日をかけて海(サーフ競技)と砂浜(ビーチ競技)で実施され、2日間での総合順位を争う。

大会1日目の順位は、1位がニュージーランド(406ポイント)、2位がオーストラリア(395ポイント)、3位が南アフリカ(332ポイント)、4位が日本代表(310ポイント)、5位がイギリス(290ポイント)、ユース日本代表は7位(247ポイント)と続く。
大会2日目を終えた総合順位は、1位がオーストラリア(798ポイント)、2位がニュージーランド(782ポイント)、3位が南アフリカ(667ポイント)、4位が日本代表(627ポイント)、5位がイギリス(557ポイント)、ユース日本代表は7位(481ポイント)という結果となった。

2日間にわたって繰り広げられた熱戦の総合順位は下記の通り。

三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2016競技結果
順位 チーム ポイント
1位 オーストラリア 798ポイント
2位 ニュージーランド 782ポイント
3位 南アフリカ 667ポイント
4位 日本 627ポイント
5位 イギリス 557ポイント
6位 アメリカ 531ポイント
7位 日本(ユース代表) 481ポイント
8位 カナダ 383ポイント
9位 香港 234ポイント


三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2016オフィシャルサイト
http://sanyo-lifesavingcup.com/



このエントリーをはてなブックマークに追加

機種情報