業界ニュース

「ボールは友達。キャプテン翼展」開催

業界ニュース 「ボールは友達。キャプテン翼展」開催
東京・上野の森美術館にて6月13日、キャプテン翼としては初の大型展覧会「ボールはともだち。キャプテン翼展」のプレス内覧会が開催された。

「キャプテン翼」は高橋陽一さんにより、1981年から週刊少年ジャンプで連載が開始され、今もなおグランドジャンプにて「キャプテン翼 ライジングサン」が連載中の日本サッカー漫画の金字塔。連載時にはサッカーブームを起こし、日本国内のみならず海外の代表選手達にも影響を与えた。

会場には生の原稿や、翼くんの等身大フィギュア、翼くん達が住む南葛市を再現したジオラマ、実際のバルセロナの選手とともに写っている特大パネル、高橋陽一さんの仕事場を再現した机、体感フットボールアトラクションコーナー「DREAM KICK」などキャプテン翼ファンには堪らない展覧会となっている。

オープニングセレモニーには高橋さんも登壇。展覧会のために描き下ろした3m×2.2mの巨大カラーイラストのアンベールが行われた。制作の苦労話などを聞かれると「ここまで大きなイラストを描いたのは初めてで、漫画の掲載もしているので、制作までに1ヶ月かかった。(キャプテン翼33周年なので)33年分の翼を感じてほしい」と話した。また展覧会を開催した感想を聞かれると「これだけ大きな展示会は初めて。原画だけではなく、南葛市のジオラマや等身大フィギュア、巨大イラストなど存分に楽しんで欲しい。また、W杯開催の時期ぴったりに開始できたことが良かった」とした。

日本代表の話になると、「翼に似ているのは香川(真司)選手。パスも出せるし、自分でシュートも決められる。日向に似ていると思うのは、やはり本田(圭佑)選手」と語り、「イラストの翼のように、日本代表の誰かが豪快なゴールを決めてほしい」と日本代表に向けてエールを送った。

その後は高橋さんと巨大イラストのフォトセッションによりオープニングセレモニーは終了した。

「ボールはともだち。キャプテン翼展」概要
場所 上野の森美術館
開催時期 2014年6月14日(土)~7月6日(日)
小学生 400円


当日観覧料
一般・大学生 1,600円
中・高生 800円
小学生 400円


前売り料金
一般・大学生 1,400円
中・高生 600円
小学生 400円
※前売り券は2014年6月13日(金)23:59まで発売


(C)高橋陽一/『ボールはともだち。キャプテン翼展』実行委員会
(C)SANSEI R&D
このエントリーをはてなブックマークに追加

機種情報