展示会速報

「P弾球黙示録カイジ5 電撃チャージVer.A」「P弾球黙示録カイジ5 電撃チャージVer.B」プレス説明会開催(高尾)

展示会速報 「P弾球黙示録カイジ5 電撃チャージVer.A」「P弾球黙示録カイジ5 電撃チャージVer.B」プレス説明会開催(高尾)
株式会社高尾は4月22日、オンラインソフトZOOMにて「P弾球黙示録カイジ5 電撃チャージVer.A」「P弾球黙示録カイジ5 電撃チャージVer.B」のプレス説明会を開催。

本機はシリーズ最新作のナンバリングタイトルとなっており、前作より約3年ぶりに登場する5は「新」にこだわった作りとなっている。新化した通常モードは誠意の利根川ギミックを搭載、土下座すれば勝利への道が開く。新規描き起こしオリジナルアニメーションとなる新エピソード「和也編」はパチンコのために新搭載となっている。プラズマ触発ヴィジョン搭載となっており、新感覚デバイスとなっている。

実機アンベールド後、同社中村氏による機種説明が行われた。

生還率50%の鉄骨バトルBONUSでは成功すればカイジ生還となり、連チャンモードEカードバトルモードへと突入。失敗してもファイナルチャレンジとして利根川ギミック土下座でEカードバトルモードへと突入する。

本機の目玉となる圧倒的Eカードバトルモードでは、即告知とバトルにより神速を極めたモードに仕上がっている。

本機は新スペック1種+2種転落式バトルとなっており、約1/24のEカードバトルモード転落確率を引く前に右打ち図柄揃いの約1/6.2を引ければOK。モード転落してもファイナルチャレンジでの復帰を目指そう。

即告知はシンプルな演出発生後、即図柄揃いとなり、即告知を経由すればラッシュ継続が濃厚。Eカードバトルでは天国or地獄となっており、勝利で1500個獲得かつ継続、敗北でファイナルチャレンジへと移行する。

Eカードバトルには様々な法則が用意されており、バトル勝利でMAX出玉獲得となる。利根川だけではなく、和也や一条といった夢のバトルも用意されている。

今までにはない1種+2種混合マシンとなっており、かつてない興奮がユーザーをざわつかせる。

下記はそれぞれ注目演出。

■通常ステージ「帝愛ランド」
歴代カイジのダークな雰囲気から一点、遊園地のステージ!
通常保留がジェットコースターに乗ったキャラであったり、フリーフォールやバイキングなどアトラクション風の演出で展開。

■銀玉チャンス
銀玉待機アイコン停止で銀玉チャンス!
誠意の利根川ギミックが玉を僥倖ルートに導けば、
チャンスアップ等が発生!

■ONE POKER
本機必見の大チャンスリーチ!
カイジと和也がワン・ポーカーで戦う決死の展開は、原作でも最大の見どころ。
リーチ中はチャンスアップの有無が鍵となり、誠意の利根川ギミックが玉を僥倖ルートに導くとチャンスアップが発生。球は最大4個のチャンスアップが発生。

■触発プラズマヴジョン&かざせ演出
タッチセンサー手をかざし、勝利を掴みとれ!見事大当りした場合は、
盤面全体に触発プラズマヴィジョンによる雷光が走る!

■鉄骨バトルBONUS
初当り時は基本的にこちらのボーナスへ。
上アタッカーで10Rを消化し、500個の払い出しとなります。
カイジが生還できればRUSH突入。

ラウンド中に発生するエピソードは6つ。石田、気圧選択でチャンス!
残念ながら演出に失敗した場合は、残存保留1個を使用した引き戻しゾーン「ファイナルチャレンジ」へ!

■Eカードバトルモード
新スペック「1種2種転落式バトル」による、即告知+継続バトルで構成されたRUSH。

即告知…短い演出から図柄が即揃うスピード感のある演出。
即告知経由の大当りはモード転落の恐れナシ!

Eカードバトル…バトルに勝利で10R+モード継続濃厚!
敗北でRUSH終了、残存保留1個の引き戻しに移行となる手に汗握るバトル演出。

即告知、Eカードバトルともに様々な法則があり、知っているとよりドキドキできる!?

本機の導入は5月23日を予定している。(一部地域を除く)


(C)福本伸行/講談社 (C)福本伸行/講談社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ (C)福本伸行/講談社・VAP・NTV
(C)TAKAO
このエントリーをはてなブックマークに追加

P弾球黙示録カイジ5の関連項目はコチラ!!

機種情報

展示会・ニュース