展示会速報

新機種「パチスロ 花伝」プレス発表会開催(平和)

展示会速報 新機種「パチスロ 花伝」プレス発表会開催(平和)
株式会社平和は11月19日、アムテックス社製の新機種「パチスロ 花伝」のプレス発表会を東京上野の同社ショールームで開催した。

発表会では、同社の販促・宣伝チーム山形氏が新機種「パチスロ 花伝」の特徴やゲーム性、システムの詳細を説明した。

本機は、ベルナビ管理のAT「五光降臨」後の疑似ボーナス「乱舞ボーナス」の連続で出玉を獲得していくタイプで、AT初当り時の期待枚数は全設定共通で約1100枚を誇り、当ればほぼ1000枚の出玉を獲得できる仕様だ。

また、第4リールを採用しており、こちらにKOIKOI図柄停止でレア役成立、といったわかりやすいゲーム性に仕上がっている。

通常時は8G継続のCZ「猪鹿チャンス」経由でAT突入を目指すのが基本的な流れで、こちらへは、全役での抽選に加えて、100G周期で突入抽選を行う。CZにはループ性があり、出現率約1/98~1/83(設定1~6)と軽く頻繁にチャンスが訪れるのが特徴だ。

AT「五光降臨」は純増約6.2枚/G・ベルナビ20回となっており、1回のATで約220枚のコインを獲得可能。乱舞ボーナスはベルナビ10回(約110枚獲得)という性能で、こちらへはAT終了後に突入する30Gの乱舞ボーナスの高確率ゾーン「こいこいタイム」中の抽選(約1/3.6)に当選することで突入。

こいこいタイムの30G間に、どれだけ乱舞ボーナス(約1/3.6)を引けるかが本機最大のポイントで、こちらでの引きが出玉に大きく直結するゲーム性に仕上がっている。

加えて、AT中の猪鹿ランプ点灯で乱舞ボーナスの1G連が確定するほか、筐体左側の「五光ランプ」が赤く光るとこいこいタイムを追加で1回消化可能。その際の期待枚数は、初当り時の期待枚数約1100枚を合わせると、約2000枚近くにのぼる。

新機種「パチスロ 花伝」のホール導入は、年明け1月中旬を予定。


(C)HEIWA
このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロ 花伝の関連項目はコチラ!!

機種情報

  • パチスロ 花伝
    パチスロ 花伝

    ベルナビ管理のAT「五光降臨」後の疑似ボーナス「乱舞ボーナス」の連続で出玉を獲得していくタイプで、AT初当り時の期待枚数は全設定共通で約1100枚を誇り、当ればほぼ1000枚の出玉を獲得できる仕様だ。 また、第4リールを採用しており、こちらにKOIKOI図柄停止でレア役成立、といったわかりやすいゲーム性に仕上がっている。 通常...

    機種情報トップ

展示会・ニュース