展示会速報

「P 銭形平次2」プレス発表会(高尾)

展示会速報 「P 銭形平次2」プレス発表会(高尾)
株式会社高尾は7月8日、同社東京支店にてパチンコ新機種「P 銭形平次2」のプレス発表会を開催した。

本機は2017年に同社よりリリースされた、超大人気コンテンツをモチーフとしたパチンコ機で、高齢者層をメインターゲットとしたコンテンツかつシンプルなゲーム性に仕上がっている。

発表会では同社を代表し経営戦略部 河津氏が挨拶を行った。「世の中では高齢社会が進み、パチンコ業界でも例外ではありません。本機は年配ユーザーにプレイしてもらいたいマシンとなっており、超銭役モノや新銭形スペックと呼ばれる高継続マシンの1種+2種混合タイプとなっており、出玉感とスピード感を体験できるものになっている」とコメント。

続いて、同社CC企画室の河村氏による機種説明が行われた。「コンテンツは説明不要となるドラマ史上最長888回放送されギネス認定もされた銭形平次をモチーフとしている。高齢ユーザーへの訴求とともに、ゲームフローは1種+2種混合タイプと、若年層にも人気のゲーム性を採用している。鬼斬りRUSH+残保留4個では約81%の継続率とライトミドルタイプながら高い出玉感を味わうことができる」と概要を説明した。

その後は試打会とフォトセッションにて発表会は終了した。

スペックは大当り確率1/219.1、特図2:小当り確率1/6.7、鬼斬りRUSH突入率約58.1%、鬼斬りRUSHは電サポ6回+大勝負ゾーン残保留4個による連チャンを狙っていく。特図2当選時は50%がフルラウンドとなる。

導入は9月2日を予定している。


(C)東映 (C)高尾
このエントリーをはてなブックマークに追加

P 銭形平次2の関連項目はコチラ!!

機種情報

  • P 銭形平次2
    P 銭形平次2

    ライトミドルタイプの1種+2種混合タイプとなっており、大当り後はほぼ時短1回+残保留最大4個の鬼斬りチャレンジへと突入。こちらで大当りを射止めることができれば、継続率約81%となる鬼斬りRUSH+大勝負ゾーンへと突入する。 演出面では圧巻の迫力を誇る「超巨銭役モノ」が歓喜の瞬間を盛り上げる。実写演出を含めリーチなどのボリュームが大幅...

    機種情報トップ

展示会・ニュース