展示会速報

「Pハイスクール・フリート」&「SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」発表会開催

展示会速報 「Pハイスクール・フリート」&「SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」発表会開催
株式会社ユニバーサルエンターテインメントは、パチンコ新機種「Pハイスクール・フリート」、パチスロ新機種「SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」の記者発表会を東京有明の同社本社で開催した。

発表会では、同社を代表して開発本部 マーケティング部 部長 長谷川氏が登壇し、挨拶とともに両機種のこだわりやセールスポイントなどをアピールした。

続いて同社の小野氏が「Pハイスクール・フリート」を、小椋氏が「SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」のスペックやゲーム性の詳細について説明した。

■「Pハイスクール・フリート」の特徴
小当りRUSHを搭載した確変ループタイプで、スペックは大当り確率1/319.6・確変割合70%(ヘソ・電チュー共通)・時短50回or100回・払い出し出玉450個or600個or900個or1200個or1500個という仕様。

小当りRUSH「PREMIUMはいふりんく」への突入ルートは、確変中の大当りの25%を引き当てるか、時短中の確変引き戻しの2ルート。一度小当りRUSHに突入するとすべての確変大当りに小当りRUSHがつくうえ、70%のループ率で小当りRUSHがループ。確変大当りの連チャンに小当りRUSHが絡むことで、さらなる出玉の加速が期待できる。

確変・時短どちらでも出玉感をイメージできる仕様・ゲーム性に仕上がっている。

■「SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」の特徴
遊びやすさと出玉感を融合したスペック、描き下ろし映像を多数使用して原作の世界観を再現した演出面に加えて、シリーズならではの豊富な特化ゾーンを搭載した6号機。

ゲーム性は純増約3.0枚/Gの差枚数管理型のAT「マギカラッシュ」をメインに出玉増加を目指すタイプ。通常時はボーナスからAT当選を目指す初代のゲームフローを踏襲しており、AT当選時は特化ゾーンで初期枚数を獲得してからスタート。AT中消化は、レア役やベル回数テーブルによりボーナス・差枚数上乗せ・特化ゾーンなどを絡めてロング継続を目指す流れとなっている。

特化ゾーンには、初当り時に必ず突入する「ホーリークインテット」をはじめ、AT消化中に突入の可能性があるメイン特化ゾーン「ほむらvsマミ」、毎ゲーム上乗せが発生する最上位の特化ゾーン「悪魔ほむらゾーン」、ワルプルギスの夜を継承したループ型バトル上乗せの「くるみ割りの魔女」など多数用意されている。

なお、全国ホール導入は、「Pハイスクール・フリート」が8月中旬を予定、「SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」は9月を予定している。


(C)AAS/海上安全整備局
[Music]Licensed by Aniplex Inc. Licensed by SACRA MUSIC
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT
(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion
[Music]Licensed by Aniplex Inc. Licensed by SACRA MUSIC
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT
このエントリーをはてなブックマークに追加

機種情報

  • Pハイスクール・フリート
    Pハイスクール・フリート

    同社のパチスロとしてリリースされ人気を博した「SLOTハイスクール・フリート」が、小当りRUSHを搭載した確変ループタイプのパチンコで登場。 スペックは大当り確率1/319.6・確変割合70%(ヘソ・電チュー共通)・時短50回or100回・払い出し出玉450個or600個or900個or1200個or1500個という仕様。 小...

    機種情報トップ

    SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語
    SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語

    遊びやすさと出玉感を融合したスペック、描き下ろし映像を多数使用して原作の世界観を再現した演出面に加えて、シリーズならではの豊富な特化ゾーンを搭載した6号機。 ゲーム性は純増約3.0枚/Gの差枚数管理型のAT「マギカラッシュ」をメインに出玉増加を目指すタイプ。通常時はボーナスからAT当選を目指す初代のゲームフローを踏襲しており、AT当...

    機種情報トップ

展示会・ニュース