展示会速報

「バイオハザード イントゥザパニック」プレス説明会(フィールズ)

展示会速報 「バイオハザード イントゥザパニック」プレス説明会(フィールズ)
フィールズ株式会社は9月21日、同社東京ショールームにてスパイキー社製パチスロ機「バイオハザード イントゥザパニック」のプレス説明会を開催した。

先のTGS2018では2019年1月29日に「バイオハザードRE:2」の発売されることも発表され、今後、全世界的にも盛り上がりを見せるコンテンツ「バイオハザード」、会場内には多数の関連グッズが展示されていた。
本作はパチスロバイオハザードシリーズ最新作となり、1/99.9、機械割115.3%(いずれも設定6)ユーザーとボーナスの距離が近く、常にチャンスを感じることができる破格のスペックとなっている。

シリーズ初のサブタイトルがつき、新たな驚きを創り出すマシンに仕上がっている。1分に1回はチャンスが訪れ、特定役以外にも通常リプレイでもチャンスが持てる仕様となっている。パチスロバイオハザードシリーズの代名詞とも言える「クラッシュ」が発生すればボーナスの大チャンスといった衝撃のボーナス告知は健在。

説明会後はプレスによる試打会が行われた。

本機の導入は11月を予定している。



(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.  (C)Spiky
このエントリーをはてなブックマークに追加

バイオハザード イントゥザパニックの関連項目はコチラ!!

機種情報

  • バイオハザード イントゥザパニック
    バイオハザード イントゥザパニック

    業界最高峰のボーナス確率(1/99.9※設定6)を実現し、バイオハザード イントゥザパニックが登場。 スペックは、シンプルなボーナス+RTタイプとなっており、ボーナスの獲得枚数はSBB最大310枚・BB最大232枚・RB最大102枚という性能。通常時のボーナス当選は、直当りに加えて、主に特殊リプレイから突入するボーナス高確ゾーン「パ...

    機種情報トップ

展示会・ニュース