展示会速報

「CR SUPER電役ナナシーDXII」プレス発表会(豊丸)

展示会速報 「CR SUPER電役ナナシーDXII」プレス発表会(豊丸)
豊丸産業株式会社は3月15日、東京秋葉原にあるAKIBAカルチャーズ劇場にて、「CR SUPER電役ナナシーDXII」の新機種プレス発表会を開催した。

本作は2015年にリリースされたCR SUPER電役ナナシーDXの最新作。前作は面白い・簡単・わかりやすいをモットーに120週以上(2018年3月現在)の稼働貢献し、今もなお根強い人気を誇り、幅広いファンに愛されているマシンとなっている。今作では人気の部分はしっかりと継承し、新演出が多数搭載され進化している。

まずはじめに同社を代表し、 取締役 営業本部 永野 本部長が登壇。「パチンコ・パチスロへの遊技参加人工が減っている」と業界への危機感を語った後、同社が提唱する「パチンコは大衆娯楽産業として、面白い・簡単・わかりやすいマシンを提供できるように尽力していく。また今回のナナシーは、前作の良いところを踏襲。液晶は1.5倍に、演出は2倍に、大当り中の演出は4倍にまでパワーアップしている」と今後の豊丸の方向性や本機の特徴などを語った。

続いて実機プロモーションビデオが放映された後、同社営業本部 営業企画グループ 山田 麻友美氏による実機の説明が行われた。「ゲーム性は踏襲。人気の部分は継承。さらに人気キャラのナナティーに加え、姉のドロシーが参戦。ドロシーはいかなる場面でも出現すれば超激アツの瞬間をお届けする」とゲーム性や新キャラドロシーの秘密などを明かした。他にもインパクト抜群となる“コインイパクトギミック”やグレードアップした“新DXスタート”などについて語られた。

その後は今作のまる得大当りラウンド中に登場する、ナナシーのために結成されたアイドルユニット「SEVEN 4」が登場。まる得大当り中に流れる音速DI-VA含む2曲を元気に披露。また機種の感想やPV撮影の裏話が披露された。PV撮影はサマーランドを貸し切りで行われ、まだ結成間もない会って2回目くらいの状況だった。PVでは初々しい私たちを見ることが出来ますと語った。その他、機種の感想は「自分たちの楽曲がパチンコから流れてきたのを実際に見た時は感動した。是非打って私たちに会ってもらいたい」とコメント。

最後は出演者によるフォトセッションと実機試打会にてプレス発表会は幕を閉じた。

本機の導入は5月7日を予定している。


(C)TOYOMARU
このエントリーをはてなブックマークに追加

CRA SUPER電役ナナシーDXIIの関連項目はコチラ!!

機種情報

  • CRA SUPER電役ナナシーDXII
    CRA SUPER電役ナナシーDXII

    本作は2015年にリリースされたCR SUPER電役ナナシーDXの最新作。前作は面白い・簡単・わかりやすいをモットーに120週以上(2018年3月現在)の稼働貢献し、今もなお根強い人気を誇り、幅広いファンに愛されているマシンとなっている。今作では人気の部分はしっかりと継承し、新演出が多数搭載され進化している。 上乗せを狙ったり、まる...

    機種情報トップ

展示会・ニュース