展示会速報

「SANKYO フィーバー機動戦士Zガンダム」プレス発表会開催

展示会速報 「SANKYO フィーバー機動戦士Zガンダム」プレス発表会開催
株式会社SANKYOは11月6日、パチンコ新機種「フィーバー機動戦士Zガンダム」のプレス発表会をグランドニッコー東京 台場で開催した。

会の開催に先立ち、原作「機動戦士Zガンダム」の世界観や、今回発表となった「フィーバー機動戦士Zガンダム」の詳細な機種説明が行われた。

説明によると、本機はガンダムシリーズ初のバトルスペックを採用しており、大当り確率1/319.7・確変突入率50%、継続率65%・時短100回転・最大出玉2400個(払い出し)というスペックで、16R・2400個大当りの割合が約56%と現行規制の中で最高峰の振り分けを実現。また、従来よりも立体的になった2段階可変ギミック「HYPER-Z」や3D表現「Z-ビジョン」など、ハード面・演出面においても圧倒的なクオリティとインパクトを兼ね備えており、原作ファンのみならずパチンコ・パチスロファンなど幅広い層が楽しめる渾身の一台に仕上がっているという。

続いて、特別ゲストして俳優の草刈正雄さんと歌手の森口博子さんが登場し、トークセッションを展開。そのなかで森口博子さんは「楽屋で実機を打ってみて、今までに見たことのない立体的な映像が、宇宙がつまっているみたいで感動した。自分の主題歌が流れたときはぞくぞくした。話している今もぞくぞくしています」と、興奮冷めやらぬ様子で感想を述べた。

一方、草刈正雄さんは「パチンコは、一発ずつ弾く時代から知っていて、今回の機種を見て進化を強く感じた。パチンコは10年以上前にかみさんとよく打っていたので、導入されたら是非また打ってみたい」と、本機種の導入を待ち望んでいることを明かした。

両名のトーク後は、森口博子さんが新曲「鳥籠の少年」を披露。取材に駆けつけた業界関係者の拍手とともに、会場は盛り上がりをみせた。

また、その後は業界関係者による懇親会が行われ、草刈正雄さん・森口博子さんによるじゃんけん大会など、盛りだくさんの内容で閉幕した。

ホール導入は1月9日を予定。

なお、導入前の1月7日は、東京・大阪の2会場で先行試打・ファインイベントを開催予定。当日は森口博子さんも駆けつけ新曲を披露するという。


(C)創通・サンライズ
(C)SANKYO
このエントリーをはてなブックマークに追加

フィーバー機動戦士Zガンダムの関連項目はコチラ!!

機種情報

  • CRフィーバー機動戦士Zガンダム
    CRフィーバー機動戦士Zガンダム

    1985年から1986年まで放映された大人気アニメ「機動戦士Zガンダム」をモチーフとしたパチンコが登場。パチンコガンダムシリーズは本マシンで通算4作品目となり、Zガンダムは妥協を許さない徹底した作り込みで原作ファンのみならずパチンコ・パチスロファンにも納得いく作品に仕上がっている。 本機ではガンダムシリーズ初のバトルスペックを採用。...

    機種情報トップ

展示会・ニュース