展示会速報

「SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~III」発表会開催(ユニバーサルエンターテインメント)

展示会速報 「SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~III」発表会開催(ユニバーサルエンターテインメント)
株式会社ユニバーサルエンターテインメントは、10月25日、パチスロ新機種「SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~III」の記者発表会を、東京有明にある同社本社ビルで開催した。

スペックは、ボーナス+ARTタイプとなっており、平均200枚獲得可能な「バジリスクチャンス」や、CZ「争忍チャンレンジ」などでART「バジリスクタイム」を目指すゲーム性。ARTは、純増約1.7枚/G・1セット約35Gという性能で、「追想の刻」と「争忍の刻」を行き来しながら出玉を獲得していく仕様で、基本的なゲーム性は前作を継承。

また、「争忍の刻」中は3Dアクションで展開するなど、演出や映像面などを大幅に強化し、これまでの良い部分を残しつつ、様々な面で進化を遂げている。

発表会では、同社執行役員 マーケット戦略室 室長 長谷川氏が登壇。「バジリスクシリーズは、ホール様の主軸となる機種だと自負している」と、バジリスクシリーズに対する意気込みをアピールしながら、本機種の仕上がりについて、「基本的なゲーム性はそのままに、自力感の強化や、演出・楽曲を増加するなど、“誰でも楽しめて、損をしづらい”そんな機種に仕上がっている」とコメントを残した。

その後は、同社マーケット戦略室 課長 山本氏が登壇し、本機種についての詳細な説明ののち、試打会が行われ閉幕した。

なお、ホール導入は11月28日を予定している。


(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT
このエントリーをはてなブックマークに追加

SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~Ⅲの関連項目はコチラ!!

機種情報

  • SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~Ⅲ
    SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~Ⅲ

    パチスロバジリスクシリーズ最新作となる本機は、基本的なゲーム性はそのままに、演出・映像・楽曲を一新しているほか、ART「バジリスクタイム」の「争忍の刻」を3Dアクションに変更するなど、様々な面で進化を遂げている。 スペックは、ボーナス+ARTタイプで、ARTは純増約1.7枚/G・1セット約35Gという性能。こちらへは平均200枚獲得...

    機種情報トップ

展示会・ニュース