展示会速報

「CRA-gon昭和物語」新機種プレス発表会(A-gon)

展示会速報 「CRA-gon昭和物語」新機種プレス発表会(A-gon)
株式会社A-gonは10月2日、第一弾パチンコ機「CRA-gon昭和物語」の新機種プレス発表会を同社ショールームにて開催した。

「手打ち式パチンコ」とは約40年前に導入されていたパチンコの種類で、現在のひねって玉を打つ電動ハンドルではなく、レバーで玉を発射させて遊技するパチンコ機。

発表会に先立ち、主催者を代表し同社 代表取締役 金子 亮太氏による挨拶が行われた。「2015年5月に日工組に加盟し、新規のメーカーながら約40年ぶりに手打ちを復活させることにしました。この機種で当時遊んでいたスリーピングユーザー、新規ユーザーの獲得、及び4円パチンコの活性化を目指していきたい。さらに今後も手打ち式パチンコのリリースを目指していきます」と意気込みを語った。

続いて、同社営業本部 本部長 石井 正彦氏による機種説明が行われた。「いわゆる普通機と呼ばれる種類で、連動式のチューリップを搭載。スペックはオール10と5&7&15の2タイプを用意しました。ホールの地域性や客層などで選んで欲しい」とスペックの説明が行われた。続けて「一見簡単に見えるが、玉の発射には少しコツがある」とし、疲れない発射の仕方を実機を交えながら説明。「テングと呼ばれるレバー下についている棒を薬指と中指で挟み、親指でレバーを下げる。レバーを下げるときに指をスライドさせるようにレバーを弾ませると玉に勢いが出る」とコツの説明を行った。遊び方はGOに玉が入るように発射。役モノ内の3つ穴のそれぞれに対応したチューリップが開放するので、それぞれに2回入賞させることで玉を獲得していく。チューリップは最大14連動するので約210個(15賞球タイプ)が獲得可能となっている。

機種説明後には特別ゲストとして、脳科学者で諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授が手打ち式と脳の関係性を語った。篠原教授によると「パチンコ店で10~15分ほど本機を遊技すると脳のトレーニングになる。特に年配層と初めて遊技する人には最適」とした。

続いて本機を応援する特別ゲスト、遊技史研究科パチンコ博物館の館長 牧野 哲也氏による挨拶が行われた。「昔から手打ち式を打っていて、13年には一切手打ち式がなくなり久々に登場するとあって非常に期待してます。手打ち式の魅力は一箇所に集中して打つことで真剣に遊べる。一箇所に集めるには“慣れ”が必要だが、それは練習することで解消出来る。失敗したときの反省や悔しさは練習し、達成感に変えていくことが出来るパチンコ機だと思っている」とコメントを残し、実際に手打ち式の達人と呼ばれる妙技を披露し約10分の試打で大当りを連発し出玉を増やしていった。

その後の試打では、ほとんどのプレス関係者が手打ち初体験。四苦八苦しながらも玉を打ち込み、その新鮮さに会場は盛り上がりを見せた。

本機の導入は12月6日を予定している。(一部地域を除く)


(C)A-gon All Rights Reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

CRA-gon昭和物語の関連項目はコチラ!!

機種情報

  • CRA-gon昭和物語
    CRA-gon昭和物語

    株式会社A-gonの第一弾パチンコ機「CRA-gon昭和物語」が登場。 本機は電動ハンドルではなくレバーで玉を発射させる「手打ち式パチンコ」と呼ばれる、約40年前にホールで人気を博したパチンコ機を復活させた機種となっている。 いわゆる普通機と呼ばれる種類で、連動式のチューリップを搭載。スペックはオール10と5&7&15の2タイ...

    機種情報トップ

展示会・ニュース