展示会速報

「CR魁!!男塾」新機種発表会(Daiichi)

展示会速報 「CR魁!!男塾」新機種発表会(Daiichi)
フィールズ株式会社は6月30日に、Daiichi製パチンコ新機種「CR魁!!男塾」のプレス発表会をフィールズ本社レセプションホールにて開催した。

「魁!!男塾」は、宮下あきらによる漫画作品。1985年より週刊少年ジャンプにて連載され、高い人気を博した。

まずはじめにDaiichiグループ 常務取締役 天野 裕司 商品開発本部長が登壇。「Daiichiとフィールズが提携した背景にはDaiichiのテクノロジーとフィールズの流通・マーケットの強みを活かし、新たなテクノロジーを作り出すことができた。新枠・デュエルサークルに特大ボタンインパクトプッシュといった新たなる試みに挑戦した」と挨拶を行った。

また原作「魁!!男塾」好きで知られる人気ロックバンド「氣志團」が来場。同漫画への思い入れについて聞かれるとボーカルの綾小路翔さんは「小学校低学年の時から読んでおり、男たるものがなんなのかを教えてもらった」とし、好きなキャラクターと場面については「1号生の富樫源次ですね」と話し「衝撃を受けたシーンは塾生たちがひたすら真っすぐ行進る場面で、男たるもの直進しか許されないので行進先の家などはすべて壊して進んでいくという、そこに障害物があっても進んでいくというスピリットに感銘を受けた」とした。

さらにプロボクサーの亀田興毅選手・大毅選手も駆けつけた。試打をした感想を聞かれると「1回のリーチですごく滾り、光や音など最近のパチンコは進化してるんだな」と述べた。また興毅選手は「PVを見て鳥肌が立ち興奮した。ただ自分がどこに出てくるのはわからないので探して欲しい」と語った。さらにDaiichi天野本部長より、男塾応援団に任命され任命式も行われて発表会の1部が幕を閉じた。

続いて2部ではDaiichiグループ 商品開発部 五位渕 潤 上席プロデューサーが登壇し、本機のコンセプトについて挨拶が行われた。「革新、衝撃、挑戦をコンセプトに滾る(たぎる)MAX機の開発にあたりプレイヤーが満足感を得られる出玉性能を追求。第3のSTや男気満点のゲームフローや魁!!エンターテイメントとしてアントニオ猪木氏、氣志團、亀田兄弟が実写で登場するなど見どころが豊富にある」と意気込みを語った。

また氣志團の綾小路氏からは実写演出の撮影秘話や、亀田興毅選手からはセリフ収録の難しさが語られた。さらに本機には氣志團のヒット曲、『One Night Carnival』や『氣志團 結婚闘魂行進曲「マブダチ」』含む代表曲6曲が収録されていることも明かされた。

その後登壇者によるフォトセッションで発表会は終了となった。

なお、導入は8月中旬を予定している。(一部地域を除く)


(C)宮下あきら/集英社・東映アニメーション
(C) Sony Music Artists Inc. (C) イノキ・ゲノム・フェデレーション (C) 亀田プロモーション
このエントリーをはてなブックマークに追加

CR魁!!男塾(2015年)の関連項目はコチラ!!

機種情報

  • CR魁!!男塾
    CR魁!!男塾

    第三のSTを引っさげて「CR魁!!男塾」が登場。ST突入率70%×ST継続率約82%の男気スペックに仕上がっており、電サポ中の大当りは60%が約2400個と高い出玉ポテンシャルも秘めている。 ヘソ当選時の「大将血戦ボーナス」後は「大将血戦の儀」へと突入。こちらの内部状態は時短or確変となっており、電サポ100回継続する。この間に大当...

    機種情報トップ

展示会・ニュース