展示会速報

「CR SUPER電役ナナシーDX」発表会開催(豊丸)

展示会速報 「CR SUPER電役ナナシーDX」発表会開催(豊丸)
豊丸産業株式会社は6月25日、東京秋葉原にあるライブステージ・AKIBAカルチャーズ劇場にて新機種プレス発表会を開催した。

初代「ナナシー」は1996年に導入された一般電役の名機。さらに続編が2作登場し、これらのいいところを継承した最新作となっている。

発表会は、取締役 営業本部 永野弘之 本部長による挨拶で幕を開けた。「昨今の業界は遊技人口970万人と減少し、これから何が出来るかと考え『トヨマル遊moreコレクション』を展開した。こちらはホールやプレイヤーに安心出来る取り組みとなり、賛同された。第二弾機『CRコマコマ倶楽部@インターナショナル』では簡単で分かりやすい演出が高評価を博した。トヨマル遊moreコレクションは間違っていなかったと確信。1990年代の機種を求めるユーザーが多く、初代ナナシーはたくさんのファンに愛されたマシン。当時のゲーム性を追い求め、この遊び易い機種が今だからこそ必要とされるマシンになってもらいたい」とした。

続いて企画本部 本部長 沢田 享伸 本部長により企画開発コンセプトの説明が行われた。「安心と進化をコンセプトに作成。往年のファンはもちろん、新規プレイヤーの獲得に繋げたい」とし、「ホールにはバラエティに1台ではなく、複数セットで導入し、ファンの心を掴んで欲しい」と語った。

その後、営業本部 山田麻友美氏によるPVを交えた新機種プレゼンテーションが行われた。スペックは3種類用意され、超長期稼動を続けた一般電役機「CRドラゴン伝説2」を踏襲した66VV、安心甘デジタイプDX99V、1回の出玉重視タイプDX121Fが用意されている。また本機は多彩な演出を楽しめるDXモード、シンプルな演出の「ベーシックモード」から選んで遊べることや、搭載されている多彩な楽曲、また、今昇り龍のごとし人気を得ているアイドルグループ「ALLOVER」による「超絶カオス」が搭載されており、こちらは連チャン時にのみ見ることが出来る。

続いてスペシャルゲストとしてALLOVERが登場。オリコンデイリーチャート1位、ウィークリーチャート4位を獲得した「超えてけエブリシング」と「超絶カオス」を披露!会場内はサイリウムが振られ、まるで現場のような雰囲気に早変わりした。

その後、ALLOVERを交えたフォトセッションと試打会にて会は幕を閉じた。

導入は8月17日を予定している。(一部地域を除く)


(C)TOYOMARU
このエントリーをはてなブックマークに追加

CR SUPER電役ナナシーDXの関連項目はコチラ!!

機種情報

  • CR SUPER電役ナナシーDX
    CR SUPER電役ナナシーDX

    伝説の一般電役の名機最新作「CR SUPER 電役ナナシーDX」が登場。 今作もシリーズ機同様にじっくり遊べて、たっぷり楽しめる一般電役機で、大当り確率が異なる3つのスペックが用意されている。 遊び方は極めてシンプル。スタートチャッカー通過後、液晶図柄が回転。上下ともに図柄の3つ揃いすれば大当り。大当り中は右打ちで消化。黄色の...

    機種情報トップ

展示会・ニュース