展示会速報

「サイバーブルー」内覧会開催(SANYO)

展示会速報 「サイバーブルー」内覧会開催(SANYO)
株式会社三洋販売は1月20日、同社東京ショールームにてパチスロ「サイバーブルー」の新機種内覧会を開催した。

サイバーブルーは、同社が2013年にリリースしたパチンコ「CRサイバーブルー」のパチスロ化。

融合BONUSと呼ばれるバトルATへの突入を目指し、突入契機はBIO BONUS中のバトル勝利or CYBER BONUS中の赤7の押し順正解もしくは通常時のロングフリーズからとなっている。

融合BONUS中は新AT継続方式「俺のブルー」システムを採用。プレイヤー自らがブルーを育て、勝利するたびにボーナスが継続。ブルー強化ゾーンとブルー死闘(バトル)ゾーンをループさせながら出玉を増やしていく。

ブルー強化ゾーン中のポイントメイン獲得契機はベルとなっており、このポイントを貯めるほどブルー(味方)の攻撃力がアップ。リプレイ成立時は防御力が増加する仕組み。

ブルー死闘ゾーン中は、ベル・レア小役でブルーの攻撃、リプレイ成立でジェイダ(敵)の攻撃となり、その小役比率は約6:4。

このほか、超ブルー強化ゾーン「BLUE EPISODE」や、ポイント上乗せ特化ゾーン「BLADE ATTACK」「SALAMANDER ATTACK」など、大量獲得トリガーが複数搭載されている。

なお導入は3月2日より予定している。(※一部地域を除く)


(C)原哲夫 /NSP 1988 版権許諾証 SYS-313
(C)SANYO BUSSAN
このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロサイバーブルーの関連項目はコチラ!!

機種情報

  • パチスロサイバーブルー
    パチスロサイバーブルー

    人気SFマンガ、「サイバーブルー」をモチーフとした本機は、1Gあたり純増約2.5枚のボーナス(疑似ボーナス)をメインに出玉を獲得していく仕様。 ボーナスは、最低2セット・平均約90枚の「BIO BONUS」と、初期ゲーム数40~150G・平均約235枚の「CYBER BONUS」の2種類を搭載しており、いずれのボーナス中もAT「融合...

    機種情報トップ

展示会・ニュース