展示会速報

緊迫感とスリルがリンク「フィーバー海猿」発表会(SANKYO)

展示会速報 緊迫感とスリルがリンク「フィーバー海猿」発表会(SANKYO)
株式会社SANKYOは23日、パチンコ新機種「フィーバー海猿」のプレス発表会・展示発表会を東京ドームシティプリズムホールで開催した。

本機は、1999~2001年にかけて週刊ヤングサンデーで連載された「海猿」(作・佐藤秀峰氏)による漫画作品が原作。練りこまれた重厚なストーリーと緊迫感ある描写が話題となった。

発表会では、同社常務執行役員の冨山一郎営業本部長が登壇して、「2014年は増税やカジノ法案の本格議論が進み、業界にとっては変化初めの年となる」と業界の変化について触れながら、「本機はパチンコ、パチスロのファン離れを食い止めるべく、長期稼働を狙っている。ST中に大当り出来るか、そして海猿のストーリーが生み出す緊迫感がリンクした機械だ」と挨拶した。

続いて、同社商品本部商品戦略室の依田英之次長が機種コンセプトなどを説明。体感したことのない演出が生み出す「緊迫感」、新規デバイス・透過有機ELを使ったタイマー予告が生み出す「迫る時間」、アタッカーのレールに特殊加工を施して爽快感がアップしたレスキューアタッカーが生み出す「途切れない」の3つをキーポイントにあげていた。

さらにゲストとして作者の佐藤氏、WAB世界ライトフライ級王者・井岡一翔選手のトークショーを展開。佐藤氏は「海上保安官は休憩時間でも腕立て伏せでトレーニングするほど熱い方が多いが、SANKYOの方々も何度も監修に足を運ぶ熱い方々が多い。海猿はそんな方が作り上げた機種だ」と紹介した。続いて年末の防衛戦について振り返りながら、井岡選手は「海のファイターとリングのファイター、どちらも勇気がいるのが共通点。先ほど試打をさせていただいたが、そんな緊迫感やスキルを味わうことが出来ました」とアピールしていた。

本機は大当り確率1/297.3、ST突入率100%、ST回数70回+α、ST中確率1/65.2のミドルST機。ST中大当りは16R大当り比率約76%と、一撃性も十分に備えている。入賞前に玉が急減速するレスキューアタッカーが特徴的で、ロス玉激減と入賞時の爽快感がアップしている。

ホール導入は3月予定。


(C)佐藤秀峰(原案・取材:小森陽一) / 小学館
(C)SANKYO
このエントリーをはてなブックマークに追加

CRフィーバー海猿の関連項目はコチラ!!

機種情報

  • CRフィーバー海猿
    CRフィーバー海猿

    重厚なストーリーと緊張感溢れる描写が話題となった大ヒット漫画「海猿」とのタイアップ機、「フィーバー海猿」が登場。 本機は、1/297のミドルST機となっており「レスキュービジョン」・「レスキューアタッカー」と呼ばれる2つの新規デバイスを搭載。前者レスキュービジョンはリーチなどで出現するカウントダウンタイマーで期待感を煽るほか、カウン...

    機種情報トップ

展示会・ニュース