展示会速報

イラストレーター天野喜孝氏とのコラボ「鬼の城」発表(ユニバーサルエンターテインメント)

展示会速報 イラストレーター天野喜孝氏とのコラボ「鬼の城」発表(ユニバーサルエンターテインメント)
株式会社ユニバーサルエンターテインメントは3月12日、パチスロ新機種「鬼の城」を発表した。

本機は、日本の代表的ロールプレイングゲーム「ファイナルファンタジー」などのキャラクターデザインを手がけた、イラストレーター・天野喜孝氏とコラボしたパチスロ機。天野氏が描く繊細なタッチのキャラクターが、おとぎ話「桃太郎」をイメージさせる世界観を表現している。

プレス発表会では、マーケット戦略室長の長谷川崇彦氏が登壇。「世の中のパチスロには大型版権を採用した機種が多数存在するが、ユニバーサル発信のキャラクターがあっても良いと思う。天野先生の幻想的な世界観を、ゲーム数解除というゲーム性の中で表現している」と挨拶、続いてマーケット戦略室課長の山本学氏がゲーム性など機種説明を行った。

スクリーン映像を使いながらで機種説明が続く中、この日はスケジュールの都合で出席できなかったという天野氏のメッセージ映像が放映された。製作途中のキャラクターたちが仕上がっていく様子などを紹介しながら、天野氏は「桃太郎をイメージさせる世界観となっており、非常にシンプルで分かりやすい。パチスロというゲームの中で、僕の描いたキャラクターや世界観を楽しんでいただければ嬉しい」と語っていた。

本機はゲーム数解除タイプのART機で、銀河英雄伝説で好評だった「7RUSH」をさらにパワーアップさせた「鬼狩RUSH」で初期ゲーム数(最低60Gで上限なし)が決まった後、ART「殲鬼の刻」に突入する。特徴的なのは中段に桃絵柄揃いで発生する「桃源の記録&再生(セーブ&ロード)機能」。桃絵柄成立時のART残りゲーム数や鬼狩RUSHストックなどを記録、すべてを消化しきった時、ART残りゲーム数や鬼狩RUSHストックなどを記録時の状態に戻すというもので、大量上乗せ後などに桃図柄を成立させられるかがキーとなりそうだ。

ホール導入は5月上旬を予定している。


(C)YOSHITAKA AMANO
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT
日本音楽著作権協会 V 1102713
このエントリーをはてなブックマークに追加

鬼の城の関連項目はコチラ!!

機種情報

  • 鬼の城
    鬼の城

    イラストレーター・天野喜孝氏がキャラクター原案・監修したパチスロ機「鬼の城」が登場。 本機は、ゲーム数解除とバトルゾーン中の特定役抽選により突入するART「殲鬼の刻」を搭載。ART突入確定後、赤7が連続して揃う「鬼狩RUSH」で初期ゲーム数を決めてから、1Gあたり純増2.2枚のARTがスタートする。鬼狩RUSHは最低2回&上限なしで...

    機種情報トップ

展示会・ニュース