展示会速報

クラシックコレクション「CRがきデカ」「CRオークス」が登場(サンセイR&D)

展示会速報 クラシックコレクション「CRがきデカ」「CRオークス」が登場(サンセイR&D)
株式会社サンセイアールアンドディは10月17日に、パチンコ新機種「CRがきデカ」と「CRオークス」の展示会を行った。

同社ではサンセイクラシックコレクションとして、今後は過去の名機をリメイクして市場投入する予定であり、その第1弾として「CRがきデカ」を発表した。

本機は、山上たつひこ氏による人気マンガ「がきデカ」とのタイアップパチンコ。初代は1998年に登場し、その後登場した2作目、3作目も人気があった。基本的なゲーム性や演出は、これまでのシリーズ機を踏襲。もちろん最新演出も多数搭載されているので、当時のファンならずとも楽しめる1台に仕上がっている。

第2弾「CRオークス」は、好みにより3つのステージから選択可能。オリジナルステージは従来のドットによる演出で展開。シャッターステージは、閉じれば大当りと分かりやすい一発告知ステージ。アクションステージは、液晶演出に生まれ変わった新生ステージだ。また現金機仕様で初代同様の遊びやすさを実現している。

導入は「CRがきデカ」が11月19日、「CRオークス」が12月3日を予定している。


(C)山上たつひこ/小学館
(C)SANSEI R&D
このエントリーをはてなブックマークに追加

機種情報

  • CRがきデカ
    CRがきデカ

    初代・1998年、2作目・2006年に登場した、「CRがきデカ」がサンセイクラシックコレクションの第1弾として復活。 大当りに直結しやすい、3大チャンスポイントを搭載。こまわり君が狸に変身すると連続予告に発展する「出刃狸予告」、どデカこまわり役モノ登場となる「どデカこまわり」、様々な場面で登場して信頼度を大幅アップさせる「サンセイ柄...

    機種情報トップ

    CRオークス
    CRオークス

    名機CRオークスがサンセイクラシックコレクションの第2弾として復活を遂げた。 従来のシリーズ同様、ドット演出によるオリジナルステージ。一発告知機能を搭載したシャッターステージ。また液晶演出によって生まれ変わったアクションステージといった3種類のステージから選択が可能。 また現金機タイプは、最大300回継続する時短を搭載。確変機...

    機種情報トップ

展示会・ニュース