記事詳細

パチスロ

6号機の話とか最近のけしからん話とか

8 0

黒兵衛さん

ブロガーランキング:-位
こんにちは。黒兵衛でございます。

今週はパチスロの新台が比較的多かったですね。「チバリヨ」「鉄拳デビル」「ガメラ」「百花繚乱」「ガルパン」ですか。

おいらは新台には基本的に手を出す事は少ないので、観察をしてました。
おいらの今月のオススメ「チバリヨ」は南国育ちを打ちながらパネル越しにずーっと観察。

ネットの台はかなり特殊な有利区間の使い方を模索する印象だったのだけれど、チバリヨもかなり独特。あれね。普通の台じゃないわ。

何やら有利区間の切れ目がアツいらしいのよね。それも単発後の区間ランプ消灯後はそこまでアツくないけど、連チャン後の区間ランプ消灯後はアツいみたいなのよね。

規定上、有利区間に移行・リセットする時は固定値でないといけないので、普通なら有り得ない。

無い知恵を搾って仕組みを推測すると、リアルボーナスと通常状態をを知らないうちに行ったり来たりしていて有利区間移行・リセット時の状態でその差が出ると思しか考えられないのですが・・・まぁそもそも打ってないし、たまたまかも知れませんしね。

朝イチの早い当たりもポツポツあって、20ゲーム辺りで初当たりから一気に3000枚出てたりしてました。
ヒット率は低いものの、当たればデカイのかな?たまたまかも知れませんが、現状では朝イチ台のカニ歩きは有効だと思いますよ。

仕組みも気になるところだし朝イチだけ打ってみようかと思う今日この頃。


今回は6号機のお話。
えーと。6号機の方もコロナのどたばたに紛れて少し動きがあったんですよね。

【有利区間が最大3000ゲーム】 

になります。
5/20からの持ち込みからなので、早ければ近々登場するかも知れませんね。

調べてみると「上限緩和」とか結構言われてますけど、個人的にはデメリットも多いんじゃないかなと。作り方次第ではデメリットしかない訳で。

・メリット

メリットとしては「ゲーム性の向上」があります。
有利区間が長い事でモードを上げて行くようなゲーム性(沖ドキとか)が作りやすくなりますかね。

昔の5号機のような純増1枚程度のAT機(2027とか)が想定出来るかなと。
作り手側の制約がかなり減るので、新しいゲーム性の機械が増えそうですね。

・デメリット

ユーザーの声として「上限ゲーム数に達すると十分なメダル枚数を獲得していないのに終了してしまうことがある」って意見が多かったようで。

まぁあるよね。特に純増3枚以下の台「ラブ嬢」「まどマギ」「バジ絆2」なんかは天井後に完走しても2000枚に届かない事も多々あるわけで。
なんかモヤモヤするのもわかります。

出玉設計にもよりますが有利区間が延びても「根本的な解決」にはなってないのよね。そりゃ今の設計で純粋に有利区間が延びるだけなら解決でしょうけど・・・


あと個人的に6号機のメリットは「時間が読みやすい」事にあったのですよ。
どんなに引っ張っても最大1500ゲーム。約2時間で一段落するってのが、非常に打ちやすかったんです。

これが最大4時間引っ張られるかもと思うと、安易に手が出しづらくなってしまうんじゃないかなと。

機械割が上がる訳でもないので、単に「打たされる時間」が増えるだけにしか思えなかったりも個人的にはするのですが。

何はともあれ今後いろいろな台が出ることをのぞみます。


6号機のけしからん話。「6号機は嘘つき過ぎ」ってなお話をしようと思ったのですが、長くなってしまったのでまたの機会にするとしましょうかね。

ではまた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
8

コメント

まだコメントがありません

6号機の話とか最近のけしからん話とかへのコメント本文(全角1000文字)

※ 投稿されたコメントがWEBに反映された際にメールにてご連絡致します。
運営スタッフ一覧