記事詳細

パチスロ

この前の北斗修羅の推測

12 0

黒兵衛さん

ブロガーランキング:-位
黒兵衛で御座います。

今回は先日の北斗修羅を分析してみましょう。

こちらがデータです。




北斗2回に自力特闘も2回ぶちこんでます。 ◇実戦データ 829 白 4連 25k 31 白 33連 239 北斗 38連 (380) 天舞× 577 緑 3連 1322 青 単発 199 天舞◯ 0 黄 26連 35 高確天舞 0 黄 4連 288 天舞◯ 0 5連 589 白 単発 180 黄 2連 610 北斗 9連 31 ヤメ 朝イチ・ART後推定状態 低確 8 通常 1 高確 2 こんな感じです。 推定状態は低確が多過ぎますが、通常・高確からの即転落の可能性も多々あります。 通常時の弱スイカはのモード移行が重要なのですが、こちらは人によって解釈が変わるところなので今回は流します。 一応、自己判断的には「凄く弱い」です。 まずはRTチェリー。CBチェリーから低確RTチェリーの数を引いた数値に設定差があります。 RT弱チェリーが1/105とな。解析値は1/170〜1/211と設定が高くなるほど出現率が下がります。ぶっちぎりで低設定寄り。 弱スイカは1/100〜1/89。 今回は1/105。設定差はかなり薄いのですが、サンプルが13000回転ですから、それなりに信頼性があります。 こちらも低設定寄りです。 加えて ・8連目のエピソードは3/3で1話 ・SP中の示唆は7/7でリン。他の示唆はナシ。 8連目のエピソードは偶奇の示唆と設定確定があります。 1話は奇数示唆で、偶数設定の倍出やすいです。 仮に設定3だと 奇数示唆 60% 偶数示唆 30% 2以上示唆 10% ざっくりこんな感じ。偶数設定だった場合は偶数示唆が60%奇数示唆が30%になります。 なので奇数である可能性がとても高いです。 SP中の偶奇示唆は3倍程の差があります。リンは奇数示唆。 設定1の場合 リン13.7% バット4.6% 示唆ナシ82.7 となっています。こちらもリン・バットの示唆出現率は偶数奇数の設定で数値が入れ替わります。 設定確定示唆は6〜12%ほど。リン・バットの出現率は変わらず、示唆ナシが出にくくなります。 何も出ないとかなり危ない台の可能性が高いです。 今回は幸運な事にSPバトルを30戦ほどしてますから、設定確定画面が出ていないと非常にヤバいんですよ。 で内容が設定確定ナシのリンのみ。 奇数示唆しかない。台が「奇数ですよー!!」って叫んでます。 これはどうあがいても「奇数特濃」であり、どう甘く見積もっても「設定1濃厚」なんですよね。 SPやエピソードはサンプルが取りづらい分、かなり示唆が強く出ます。 設定2以上の示唆は連チャンさえすれば、かなりポンポン出るんですよね。 こういった感じで今回は設定1を確信してヤメました。 グラフ的にはその後、たいしたハマりも無かったようです。あくまでも推測ですから、実際の設定は結局はわからないんですけどね。 北斗修羅を増台してるお店がちらほらあるので、今後も打つつもりです。 かなり出来の良い台だと思うので、気になった方は触ってみては如何でしょうか。 (C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,(C)NSP 2007 版権許諾証YSC-506 (C)Sammy
このエントリーをはてなブックマークに追加
12

コメント

まだコメントがありません

この前の北斗修羅の推測へのコメント本文(全角1000文字)

※ 投稿されたコメントがWEBに反映された際にメールにてご連絡致します。
運営スタッフ一覧