記事詳細

日記

ホール攻略 狙い台篇

25 0

藤崎キョウさん

ブロガーランキング:-位
今回はパチスロでの狙い台の絞り方について書いていこうと思います。

□ホールのクセを掴むポイント
ホールのクセを掴むことが一番重要となってきます。そのためにも何度も同じホールへ通い、常連さんの動きや、どんな台に高設定を入れているのかに注目しましょう。

〇常連さん
何度も通っていけば誰が常連さんかがわかってきます。まずはその人たちがどんな台を打つのかをチェックしてみましょう。また、常連さんの中でもこんな方に注目するといいです。

・小役カウンターを使っている
・小役狙いを徹底している
・朝一から並んでいる

心当たりがあればその方の動きをチェックしてみて下さい。当てはまる人は専業の可能性が高いです。こういう方に注目しているとホール攻略の糸口が見つかるかもしれません。スポーツや勉強でもそうですが「自分よりうまい人のマネをする」ことが上達への近道です。

〇台の位置
出ていた台がどこにあるのかに注目。例えば、何台か見て回って角台が出ているイメージが持てれ角台が強いホールだと推測できます。

〇データ
過去のデータがどんな台に高設定を入れているのかに注目です。
・前日回数ついているけど凹んでいる台
・数日間凹んでいる台
・大当り回数が全くついていない台
・前日高設定台の据え置き
など

設定を変更する人によっていろいろなパターンが存在するので、何度もデータをチェックする必要があります。

〇台番末尾
出ていた台の末尾にも注目です。例えばでていた台の末尾が「8」だった場合、他機種の末尾「8」も出ていれば末尾で設定を入れてくる可能性が高くなります。

〇並びで入っている
2.3台固まってでているのかどうか。これは出玉が固まって出ていればわかりやすいです。

〇総ゲーム数が7000Gを超えている台
総ゲーム数が多ければ多いほどそれだけ打つに値する挙動(高設定)をしていたと推測できます。全台系をしてくるホールなんかだと、総ゲーム数を見るだけでどこが全台系だったのか判断出来る場合もあります。

今消化した部分をチェックしていけばある程度狙い台は絞れてくるはずです。ただし、どれだけ狙い台を絞っても100%ツモれるなんてことはありません。何度も通ってホールのクセを掴んで精度を上げていくことが大事です!
このエントリーをはてなブックマークに追加
25

コメント

まだコメントがありません

ホール攻略 狙い台篇へのコメント本文(全角1000文字)

※ 投稿されたコメントがWEBに反映された際にメールにてご連絡致します。
運営スタッフ一覧