記事詳細

パチンコ

夕方から優秀台を掴んだ結果はいかに

29 0

藤崎キョウさん

ブロガーランキング:-位
ここ最近、スロットがダメだった後、パチンコを打つ機会が増えてきました。ということで、今回はパチンコの実戦記をお送りします。
 
この日は夕方までにスロットでコテンパンにやられました。そして他に打てる台はないかと、パチンコのシマへ。すると「ぱちんこ CR北斗の拳7 転生(以下、北斗7)」で何台か回りそうな台を発見。ただ、自分の場合はそこまで釘を見る力はないので、回りそうと思って座っても回らないなんてことはよくあるのですがね。
 
そして1台目を打ち始め、5kを使ったところで回転率を確認すると、ボーダーラインギリギリだったので、2台目へ移動。
 
2台目は233回転でヤメている台を打ち始めます。5k使ったところでデータ表示器を見ると379回転。5kで、146回転も回っているじゃん。とりあえずは続行していきますか。そして、10kを使い再びデータ表示器を見てみると、
 
「516回転」
 
10kで283回転と超優秀。実戦ホールは等価店です。こんな回してくれるの?いや、さすがにここから落ちるでしょ。
 
15k 626回転(393回転)
20k 747回転(514回転)
25k 892回転(659回転)
 
25k使って当初よりは下がったものの、26.4回転/kで回ってくれています。これなら粘れる。むしろ粘るべきでしょ。回転率は申し分ないのだけれど、すでに2倍ハマり。そろそろ当ってくれないですかね。ここまでアツい予告も何もなく、ただ単に回転率をチェックしているだけ。そんなことをぼやいていると、ようやくチャンスが訪れます。
 
激アツのキリンステチェンが発生し、そこからジュウザVSラオウストーリーリーチへ。





発展した直後にカウントダウン予告が発生し、キリン柄のロゴ落下、カットインキリン柄とキリン柄のオンパレード。今何度キリン柄と言ったか自分でもわからないぐらいキリン柄が出現しております(数えたらそれほど言ってないので数えないでいただきたい)。 ここまでのお膳立てがあればさすがに当ってくれるハズ。むしろここまで絡んで当らなければ何で当るの?と思ってしまうほどです。さて、結果はというと、



大当りをゲット!さすがにハズれないですよね。910回転(自身677回転回して)、ようやくスタートラインに立つことが出来ました。北斗7はココから勝負どころ。ここで4R通常だと少ない出玉と、たった7回の時短で終了してしまうから。バトルラッシュをかけての死闘が開始します。

チャンスアップなく、ラオウの「天将奔烈」をもろにヒットし砕け散るケンシロウ。負けたものの、まだ諦めてはいけない。そう自分に言い聞かせて、わずかな希望を胸にひでぶゾーンを消化していきます。が、無残にも数分後には通常画面に戻っていました。そして、わずかに獲得した出玉を飲ませ、まだ打てる時間があったので打てるギリギリの時間まで遊戯を続行。 その後は当りを引くことなく、閉店まで約1時間半前となったところで実戦終了しました。今回のパチンコでの敗戦は、粘るべく台を粘っての負けなので悔いはありません。次回、必ずやリベンジをしてやります! それでもこの負けはイタイな。 北斗7での結果(2台分) 投資 40k 回収 0 収支 -40k では、良きパチンコライフを♪ (C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,(C)NSP2007 版権許諾証YKO-116 (C)Sammy

関連タグの最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
29

コメント

まだコメントがありません

夕方から優秀台を掴んだ結果はいかにへのコメント本文(全角1000文字)

※ 投稿されたコメントがWEBに反映された際にメールにてご連絡致します。

関連機種ぱちんこCR北斗の拳7 転生のブログ

もっと見る

ぱちんこCR北斗の拳7 転生の関連情報


設置店舗(全国)

運営スタッフ一覧