記事詳細

パチスロ

激闘の2日間(1日目後半戦)

19 0

藤崎キョウさん

ブロガーランキング:-位
前半は番長シリーズで滅多打ち合う展開となり、ここでひとまず整理をすることに。
この日の自分は本館でずっと遊戯をしており、まだ本館では全高設定機種がわからない状態です。そして、本館にまだ全高設定機種が眠っていると推測して4〜5台設置機種に的を絞ることに。チェックしていくと1台だけ順調に出ている機種に気が付きました。その機種とは「パチスロ蒼天の拳2(以下、蒼天2)」です。4台中稼働しているのは1台のみで、他は全くと言っていいほど稼働していません。まだここにあるのでは?と推測して、気持ちを新たに実戦開始。
 
1Gだけ回されている台を打ち始めて179G目で高確チャンス目からATをゲットして、9セットまで伸びてくれます。



激闘乱舞に2度突入してくれたり、激闘中に秀宝乱舞で80Gの上乗せに成功したりしたおかげで1000枚オーバーの出玉獲得に成功しました。そして、AT終了後132Gでゲーム数解除と、高設定挙動をしてくれます。一度だけでは判断するのは早いですが2回、3回と確認ができれば高設定に期待ができるポイントです。 その後も早いゲーム数で当選をしてくれて気が付けば出玉2000枚に届きそう。このままいけば勝てる、そう思えたのですがね・・・。 514G、610Gと連続でハマり、共にATは2連で終了と出玉は完全に崩壊するハメに。ここから追い打ちをかけるように次の当りは453Gとまさかの追加投資をすることとなりました。2000枚の出玉はいずこえいったのであろうか。完全に心が折れてしまい、20時半に実戦終了しました。 蒼天2は全台系で間違いないと思います。自分が打ち始めてから他の台も打たれて、どの台も高設定挙動をしていましたから。AT中のヒキと、通常時の高確滞在時に中チェを全く引けなかったのが敗因です。 弱スイカからのチェリー高確移行率約29%、AT後の高確スタート20%、更にはモードB、C滞在が複数回確認ができたので高設定と推測しました。再び蒼天2を打つ機会があったら次回こそはギャフンと言わせてやりますから! (いつになることやら・・・) 蒼天2での投資:12k 回収:0枚 本日の総収支:-47k では、良きパチスロライフを♪ (C)原哲夫・武論尊/NSP 2001, 版権許諾証YKU-127 (C)Sammy

関連タグの最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
19

コメント

まだコメントがありません

激闘の2日間(1日目後半戦)へのコメント本文(全角1000文字)

※ 投稿されたコメントがWEBに反映された際にメールにてご連絡致します。

同ジャンルの最新記事

パチスロ蒼天の拳2の関連情報


設置店舗(全国)

運営スタッフ一覧