記事詳細

パチンコ

17年越しの最新作『P平家物語RELOADED』

9 2

大場キセルさん

ブロガーランキング:-位
タグ: スペック
豊丸さんの新機種「P平家物語RELOADED」の発表会にお邪魔して来ました!


・基本仕様(確変転落タイプ) 大当り確率(設定1):1/145.6→1/55.9 大当り確率(設定3):1/139.7→1/53.7 大当り確率(設定5):1/129.8→1/49.8 確変突入率:100% 転落確率:1/53.0 電サポ回数:0回or100回 大当り出玉:1100個(10R)or400個(5R) ※出玉は払い出し個数 ・大当り振り分け(ヘソ) 10R確変(電サポ100回):25% 5R確変(電サポ100回):8% 10R確変(電サポ0回):35% 5R確変(電サポ0回):32% ・大当り振り分け(電チュー) 10R確変(電サポ100回):60% 5R確変(電サポ100回):40% スペックは確変転落タイプとなっており、初当りの33%で突入するチャンスタイム(電サポ100回)に如何に入れられるかがポイントとなります。 ・チャンスタイム

チャンスタイム中はSPリーチハズレが転落の契機となっているため、発展するまでは確変状態濃厚となります。 ・SPリーチ発生大幅アップ中

また、SPリーチがハズれてしまっても、変動画面に戻った時に液晶左上の「SPリーチ発生大幅アップ中」の文字が消えていなければ確変状態濃厚となります。 文字が消えてしまった場合は通常転落している可能性が高いものの、数回転後に再表示されるパターンもアリ。その場合は内部確変濃厚です。 演出面は「SPリーチに発展すればアツい」というシンプルなゲーム性。 ・SPリーチ

また演出モードを「新」or「旧」から選べ、初代を再現した「旧」モードでは予告があまり発生しないため、演出に煩わされたくない方にはオススメです。 逆に色んな演出で楽しみたいという方は「新」でプレイしてみると良いかもしれません。 なお、初当りでチャンスタイム非突入もしくは確変状態のままチャンスタイム終了となった場合は潜伏確変状態となるのですが、その間もチャンスタイム中同様、液晶左上に「SPリーチ発生大幅アップ中」の文字で内部状態の示唆を行っているため、文字が消えるまでは打ち続けた方が良いでしょう。 潜伏狙いの立ち回りも有効だと思われるので、導入されたらまた打ってみたいと思います! (C)TOYOMARU

関連タグの最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
9

コメント

  • 1. さかや、わさん さかや、わさん
    転落と言ったら100回+αのイメージがしていたがコレは違うんですね
    あの100終わった時に、まだまだ!のパターンが好き。
  • 2. 大場キセルさん 大場キセルさん
    さかや、わさん
    
    内部確変でも電サポは100回転で終了しちゃいます。
    
    豊丸らしいと言えばらしい気もしますが、個人的には転落するまで電サポが継続する仕様にして欲しかったですね。

17年越しの最新作『P平家物語RELOADED』へのコメント本文(全角1000文字)

※ 投稿されたコメントがWEBに反映された際にメールにてご連絡致します。
運営スタッフ一覧