記事詳細

日記

バーブレスフックに拘る理由。(テンカラ)(ルアー)

14 0

えいチキさん

ブロガーランキング:9位
私は、テンカラでも、ルアーでも、バーブレスフックを使います。



バーブレスフックに拘る理由は、出来るだけ、スレ掛かりを防ぎたいからです。



私個人は、スレ掛かりでは釣った事には成らないと考えています。



だって、針に引っ掛かっただけですもん。


私はフッキングすれば何でも良く、スレ掛かりも釣った事に成るとは考えないです。



渓魚が、毛鉤を、ルアーを、餌として認識、或いは敵として認識し、口を使って、口に針掛かりしたのを『釣った』と私は考えるからです。



スレ掛かりは、餌と認識、或いは敵と認識し、捕食行動、或いは攻撃行動を取ったけど、餌、或いは敵では無いと判断したけど、近付き過ぎた為にスレ掛かりしてしまったと私は考えています。




毛鉤であれ、ルアーであれ、渓魚とは、1対1の真剣勝負をしたい。


引っ掛け釣りと言う釣法が有りますが、テンカラ、ルアーは、引っ掛け釣りでは無い。





だから、ルアーでは、市販品ミノーには、トリブンフックが付いてるのが多いので、それを、バーブレスシングルフックに交換してます。


それでも、スレ掛かりは完全には防げません。



私個人は、スレ掛かりは、釣り人が下手だからと考えています。

(誤解が無い様に付け加えますが、捕食が下手くそな渓魚も居ますけど、ちゃんと捕食するレーンに流してれば、スレ掛かりは余りしないと思ってます)




釣れれば何でも良くないと私は考えています。




口にフッキングさせて、それを上げれたら、初めて釣ったと言えると考えています。






また、バーブレスフックなら、撮影しないで直ぐにリリースする場合、針だけ持って外して直ぐにリリース出来る利点が有ります。




渓魚を出来るだけ傷付けない為には、バーブレスフックを使うのがベストです。



リリース前提なら、バーブレスフックを使いましょう。




広げようバーブレスフックの輪!





(^^;



このエントリーをはてなブックマークに追加
14

コメント

まだコメントがありません

バーブレスフックに拘る理由。(テンカラ)(ルアー)へのコメント本文(全角1000文字)

※ 投稿されたコメントがWEBに反映された際にメールにてご連絡致します。