まとめ

長々と書きましたが、個人的には今とほとんど変わる事はないと考えます。
6号機には

400G 220% (差枚 +1243枚)
1600G 150% (差枚 +2071枚)
6000G 126% (差枚 +4039枚)
17500G 115% (差枚 +6797枚)

この明確な基準があるのでこの基準までの過程が少し変わる程度になりますから。

なんかこうもっとポジティブに捉えてよ。とか声が聞こえそうですが、これが現実です。
もっと言うとこの基準は変わりません。7号機までは少なくとも変わりません。

これが黒兵衛の考えです。

しかしながら、パチスロ開発者の方はまだまだ諦めていません。色々な仕組みを使って突破口を探しています。
現行でペナルティがあるような「チェインクロニクル」「ビンゴギャラクシー」なんかは、かなり攻めた仕様・仕組みになってますし、まだまだ進化するかもしれません。
良い意味でワタクシの考えを覆してくれる事を願っております。